tri tips 2024 【連動性】全身を上手に使うためのヒント(トライアスロン・スイム・バイク・ラン)

  • 2024.06.11

名称未設定のデザイン (3).png

唐突ですが、ロッククライミングと言えば何を想像しますか?
私は、ミッションインポッシブルのトムクルーズを思い出します。

先日、荻窪にある日本最大規模のボルダリングジムに行ってきました。
現役のときから興味があったスポーツ。
やってみたいやってみたい詐欺で早や10数年。
ようやく体験することができました。

2020年の東京オリンピックから正式種目として採用され(スポーツクライミング)、日本人選手が大活躍をしたのは記憶に新しいですね。
3年前のオリンピックの動画はこちら

実際にやってみての感想ですが、
とにかく(前腕、指、握力)キツイ。。。
でした。
しかし、これは初めてだから。
キツイ中にも、「あ、これはスイムに通づるかも」と思うような瞬間もちらほら。

初ボルダリングに同行&ご指導いただいた先生の動画はこちら
※許可得てます。

視聴者の立場としては、「あの人たちは腕力がすごそう!」というイメージが先行していましたが、やってみるとそうであってそうでないんです。

どういうことかというと、腕で身体(体重)を引っ張っているように見えて、足(脚力)で身体を押し上げてもいるんです。
握力や腕で引っ張る局面もありますが、それよりも全身の連動性を重視して、(足で)身体を押し上げられた方が体力(主に握力)が持ちますし、どんどん上に行ける。

スイムもバイクもランもそうですよね。
ある一か所の筋肉が強かったり動きが上手なだけでは完成度が低い。
力ではなく、リズムや筋肉から筋肉への連動性、伝達力の高さの方が大切だったりします。

あともう1つ。
スイムに似ているなと思ったのが、肩甲骨の使い方。
よく肩甲骨は他の骨とは接していないため"浮いている"と言われます。
これは、複数の筋肉によって支えられ、また、それによって複合的な動きを可能としています。
この"複数の筋肉によって支えられ"がポイントで、
突起に手(指)をひっかけ、上体を持ち上げていくボルダリング中の肩甲骨周りの筋肉の動作(厳密にいうと肩甲骨周りの筋肉を固める動き)は、リラックスした状態で水中に手(腕)が入水しキャッチ局面において上腕骨が内旋し、手の平だけでなく前腕、しいては腕全体で水を捉える時の肩甲骨の動きと近いのではないか?と。

タイトルの回収が遅くなりましたが、要は、「ボルダリングやってみて~」です。笑

私はまだまだスイムとの関連性しか見出せませんでしたが、きっとバイクやランにもつながるものがあるはず。
未知なる世界で、既知(の動き)のヒントを得る。
to be continued ですね。

(関連記事)
tri tips 2024「キネティックチェーンという言葉ご存知ですか?」(リライト版)
その他の記事はこちら

TOPICS CATGORY

ATA FREE TRIAL

まずは体験してみませんか?

「どんなトレーニングをするの?」
「自分のライフスタイルに合うかな?」
まずは体験してみませんか?
ATA全校で無料体験キャンペーンを開催中。

詳しくはこちら

ATHLONIA TRIATHLON ACADEMY

アスロニアトライアスロンアカデミーは、全国に14校ございます。お申し込み、お問い合わせは随時受け付けております。
トレーニングの内容や日程は、各アカデミーごとに異なりますので、詳細をご確認の上、ご連絡ください。
お一人様一回に限り無料体験をご利用いただけますので、まずは一度無料体験にお越しください。

東京都

COACH

アスロニアトライアスロンアカデミーの講師陣は、白戸太朗をはじめとしたトライアスロンの専門知識を持ったトライアスリートが務めます。熱く楽しくトライアスロンを伝えます。スクール専用のコースで各自のレベルに合ったトレーニングができるので、25m泳げない方でも、必ず夢のトライアスリートに!

詳しくはこちら

ATHLONIA PERSONAL

パーソナルトレーニング確実くなる

アスロニアのパーソナルレッスンは、トライアスロン経験豊富なプロのコーチにより一人一人の目的やライフスタイルに合わせたトレーニング指導をおこないます。コーチとの1対1によるレッスンによって、個々の特徴を把握しながらのメニュー作成や指導を行うため、より確実なレベルアップを体感したい方、スクールなどの練習時間が合わない方などにおすすめです。

詳しくはこちら

OWS

泳ぐ!

今年のアスロニアは、オープンウォータースイム(OWS)練習会を定期開催します!!
レースに向けて是非ご活用ください!
海での実践練習をしておくことで、大会当日は心の余裕ができ持っている力を最大限に発揮できます。
初めてレースに出場される方におすすめです。

詳しくはこちら

TRAINING CAMP

合宿仲間トライアスロン楽しむ!

トライアスロン未経験者でも参加できる、トレーニングキャンプです。
ATA生でなくてもご参加いただけます。
都会の喧騒を離れ、一緒に走り、 仲間とトライアスロンについて語りましょう!

詳しくはこちら
Copyright © ATHLONIA ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE
TOP