tri tips 2024【どうしたら浮けるのか?】今日からすぐに試せる脚を沈めずに泳ぐ方法(トライアスロン・スイム・クロール)

  • 2024.05.01

前回のおさらい。

【なぜ脚が下がるのか?】
答えは、重心と浮心の位置が離れて(重心が下半身側、浮心が上半身側にあるため脚が沈むトルクが発生する)いるため。
でした。

1.png

そこで今回はその原理を踏まえつつ、どうしたら脚を沈めずに泳げるようになるのか?
を科学的な知見(効率的な泳ぎには内臓の頭側への移動が関与~水泳における「下半身の沈み」を解明~)から解説したいと思いますいってみよう♪


昔々、"ドローイン"という言葉が流行りませんでしたか?
いわゆる、お腹を凹ませて腹圧を高めるやつです。

実はこの"お腹を凹ませる"ことが脚の沈みに大きく関わっていたんです。

4.png
※写真1:左腎レベルの矢状断 MRI 画像(論文より拝借)

こちらは、
Aが競技レベルの高いスイマーの安静時とA´がストリームライン姿勢時の腹腔内を表しています。
一方、Bはレベルの高くないスイマーのもの。

この論文内では、競技レベルの高いスイマーがストリームライン姿勢をとった際に起こるこの状態を、「上広がり+下すぼまり」と説明しており、この状態が内臓の頭側への移動を引き起こすと解説しています。

この"内臓の頭側への移動"がとても大切で、重心と浮心に影響する腕や脚の長さを変えることはできませんが、お腹を凹ませるだけで内臓が頭側に移動し、それが結果として重心位置が上半身側に移動することに繋がり、重心-浮心の距離が縮まるため、脚が沈みにくい状態を作れるということです。

重心.png

水泳は、ランニングやバイクと異なり、支点がありません。

考えてみてください。
走っているときに着地する場所がなかったらどうやって進むのか?
いつ、どこに力を入れたらよいのか?

水の中ではまさにそれが起きています。
そのため、水泳を始めたばかりの方は四肢の末端に力が入り、水がうまく掴めず、また過度な緊張からすぐに疲れてしまうんです。

そこで大切になってくるのが、体幹周りの筋肉の使い方。
体幹周りの筋肉を適切に使えるようになってくると、そこから伸びている四肢(手足)がリラックスしつつも、ポイントポイントでちゃんと力が水に伝わるというわけです。
車の運転に例えるなら、スポーツカー(外側、四肢)に運転免許取り立ての人が乗る(体幹、内側)より、レーサーが乗った方が、スポーツカー本来の力を発揮できる、そんなイメージです。
いや、逆にわかり難いですかね。。。

話が少し脱線してしまいましたが、今回のタイトルにある、【どうしたら浮けるのか?】。
原理としては、お腹を沈ませることで内臓を頭側に移動させて、浮心と重心の距離を縮めることで脚を浮かせるでしたが、実際にやってみてもすぐに体得するのは難しいと思うので、色んな凹まし方を試してみてくださいね(/・ω・)/

(関連記事)
【なぜ脚が下がるのか?】スタイルが良い人ほど水泳は苦手?!
【スイムメニューの用語説明】今さら聞けない水泳特有の用語を解説
【OWS対策】これが頭に入ってればあなたもヘッドアップクロールマスター?!

TOPICS CATGORY

ATA FREE TRIAL

まずは体験してみませんか?

「どんなトレーニングをするの?」
「自分のライフスタイルに合うかな?」
まずは体験してみませんか?
ATA全校で無料体験キャンペーンを開催中。

詳しくはこちら

ATHLONIA TRIATHLON ACADEMY

アスロニアトライアスロンアカデミーは、全国に14校ございます。お申し込み、お問い合わせは随時受け付けております。
トレーニングの内容や日程は、各アカデミーごとに異なりますので、詳細をご確認の上、ご連絡ください。
お一人様一回に限り無料体験をご利用いただけますので、まずは一度無料体験にお越しください。

東京都

COACH

アスロニアトライアスロンアカデミーの講師陣は、白戸太朗をはじめとしたトライアスロンの専門知識を持ったトライアスリートが務めます。熱く楽しくトライアスロンを伝えます。スクール専用のコースで各自のレベルに合ったトレーニングができるので、25m泳げない方でも、必ず夢のトライアスリートに!

詳しくはこちら

ATHLONIA PERSONAL

パーソナルトレーニング確実くなる

アスロニアのパーソナルレッスンは、トライアスロン経験豊富なプロのコーチにより一人一人の目的やライフスタイルに合わせたトレーニング指導をおこないます。コーチとの1対1によるレッスンによって、個々の特徴を把握しながらのメニュー作成や指導を行うため、より確実なレベルアップを体感したい方、スクールなどの練習時間が合わない方などにおすすめです。

詳しくはこちら

OWS

泳ぐ!

今年のアスロニアは、オープンウォータースイム(OWS)練習会を定期開催します!!
レースに向けて是非ご活用ください!
海での実践練習をしておくことで、大会当日は心の余裕ができ持っている力を最大限に発揮できます。
初めてレースに出場される方におすすめです。

詳しくはこちら

TRAINING CAMP

合宿仲間トライアスロン楽しむ!

トライアスロン未経験者でも参加できる、トレーニングキャンプです。
ATA生でなくてもご参加いただけます。
都会の喧騒を離れ、一緒に走り、 仲間とトライアスロンについて語りましょう!

詳しくはこちら
Copyright © ATHLONIA ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE
TOP