nakaji tips「低く!」

  • 2022.11.18

タイトル.png
トライアスロンをもっと楽しむための情報を毎週配信しております。
iStock-479345220.jpg

バイクの乗車時の重心のお話です!(落車が多い人必見!)

登る時、ブレーキをかける時などは重心を前後に移動する
曲がる時は左右に重心を移動する
というのは、よく聞く話ですね。

今日は、上下と前後左右との組み合わせについて簡単に!


■曲がる時は低く!

特にロングのレースでは、空気抵抗を減らすために常に低い姿勢で走ることもあるかと思いますが、コーナーを曲がる時、ブレーキをかける時などは特に低い姿勢にするようにしましょう。
脇を締めたまま、肘をまげて重心を低くすることで、無駄な遠心力がかからなくなり、曲がりやすくなります。

何かアクシデントがあり、急ブレーキをかけたり、避けたりしなければいけない時に、身体を起こして怖がる方がいます。
これは重心が不安定になり、逆効果。

上の写真もすでに曲がっている人と、後方のまだコーナーに入ってない人とでは、頭の高さが違いますね。


■ハンドルには載せない

重心を低くというと、ハンドルに体重をどーんと載せてしまいがち。
ハンドルを強く握ったり、重心を載せてしまうとパフォーマンスが低下。
姿勢を低くするようなシチュエーションでは、サドルの後方にお尻を移動させるような意識を常に持ちましょう。
信号で止まる時や、それほど急でもない交差点でも重心を意識するような乗り方をしていると、いざと言う時、レース中に自然にそれができるようになります。

真っ直ぐ走る時には、少し楽に身体を起こし気味にして、サドルの少しだけ前に座り、曲がる、止まる時は低く、サドルの後方に座り、曲がりたい方向に顔をしっかりむけて少しだけ左右に倒すことを日々意識して乗ってください!

ママチャリに乗っている時でも、重心の前後、左右、上下を意識して乗ってみてください!何も意識せずに身体が勝手に動くまで!!

----------------------------
■ オーシャンスイム、バイク、ランなど様々なトレーニングセッションを開催!!
セッション一覧バナー.png

■ アスロニア主催の朝スイム
スクリーンショット 2022-06-10 10.19.03.png


TOPICS CATGORY

ATHLONIA TRIATHLON ACADEMY

アスロニアトライアスロンアカデミーは、全国に15校ございます。お申し込み、お問い合わせは随時受け付けております。
トレーニングの内容や日程は、各アカデミーごとに異なりますので、詳細をご確認の上、ご連絡ください。
お一人様一回に限り無料体験をご利用いただけますので、まずは一度無料体験にお越しください。

東京都

COACH

アスロニアトライアスロンアカデミーの講師陣は、白戸太朗をはじめとしたトライアスロンの専門知識を持ったトライアスリートが務めます。熱く楽しくトライアスロンを伝えます。スクール専用のコースで各自のレベルに合ったトレーニングができるので、25m泳げない方でも、必ず夢のトライアスリートに!

詳しくはこちら

ATA FREE TRIAL

まずは体験してみませんか?

「どんなトレーニングをするの?」
「自分のライフスタイルに合うかな?」
まずは体験してみませんか?
ATA全校で無料体験キャンペーンを開催中。

詳しくはこちら

ATHLONIA PERSONAL

パーソナルトレーニング確実くなる

アスロニアのパーソナルレッスンは、トライアスロン経験豊富なプロのコーチにより一人一人の目的やライフスタイルに合わせたトレーニング指導をおこないます。コーチとの1対1によるレッスンによって、個々の特徴を把握しながらのメニュー作成や指導を行うため、より確実なレベルアップを体感したい方、スクールなどの練習時間が合わない方などにおすすめです。

詳しくはこちら

OWS

泳ぐ!

今年のアスロニアは、オープンウォータースイム(OWS)練習会を定期開催します!!
レースに向けて是非ご活用ください!
海での実践練習をしておくことで、大会当日は心の余裕ができ持っている力を最大限に発揮できます。
初めてレースに出場される方におすすめです。

詳しくはこちら

TRAINING CAMP

合宿仲間トライアスロン楽しむ!

トライアスロン未経験者でも参加できる、トレーニングキャンプです。
ATA生でなくてもご参加いただけます。
都会の喧騒を離れ、一緒に走り、 仲間とトライアスロンについて語りましょう!

詳しくはこちら
Copyright © ATHLONIA ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE
TOP