ホノチャレ・ハマトラを終えて(ホノチャレ参加者レポート)

  • 2024.06.10
半年のトレーニング期間を経て、無事トライアスリートデビューを果たしたホノチャレ2024メンバーから、このチャレンジ企画の感想文を頂きましたので、シェアさせていただきます!!


〜ホノチャレ・ハマトラを終えて〜

 私のトライアスロン自体への興味は、30代前半に仕事のクライアントで5,6年先輩の方がトライアスロンに初チャレンジしたのがキッカケでした。
その当時は何でそんな苦しそうなことをやるのか全く理解できませんでした。ただ、歳を重ねるごとに、なぜか沸々と私もトライアスロンをやってみたい気持ちが芽生え、10年の月日を経て遂にレースに望むことになりました。
 過去のホノチャレメンバーのひとりがたまたま勤務先会社内におり、紹介を受けてホノチャレ2024に応募しました。
ホノチャレ応募時は既に横浜トライアスロンにエントリーしていました。なので、ホノルルトライアスロンに参加することは考えていませんでしたが、開催時期が近く、何より仲間と一緒にトレーニングをしていくという環境が大切と考えたのが応募の動機です。
 1,2回目のトレーニングで新鮮だったことは姿勢についてのレクチャーです。

名称未設定のデザイン.png

これまであまり意識していなかったことなのでよい学びでした。
普段の生活の中でも姿勢は気をつけるようになったので、かなり改善されたと思います。
 ホノチャレトレーニングの1番の楽しみはOWSでした。
ウェットスーツの着用から、集団泳、ヘッドアップ、ブイのターンはどれも初めてのことで、有意義なトレーニングでした。

名称未設定のデザイン (1).png

 トライアスロン特有の2回のトランジションについてもトレーニングメニューとして設けられていたのはよかったです。
レースでも準備含めて上手くできたと思います。(体力温存でトランジションエリア内では走らなかったので、合計12分もかかってしまいましたが、、)

名称未設定のデザイン (2).png

 また、バイクは元々乗っていたので乗車しての操作は問題ありませんでしたが、トランジションをイメージしたサドルを持ってのバイク操作練習はタメになりました。操作のコツを教えてもらい、その応用で苦手だった両手放し運転ができるようになったのは驚きでした。
 レース当日は朝3時起きでしたが、よく寝れました。
朝ごはんもちゃんと食べられました。ただ、トランジションセットを終えたあとからの動き方がわからず困りました。アップをしたいけど、荷物がある、荷物を預けると裸足になってしまう、どうしよう、といった悩みで右往左往し、結果うまくアップが出来ませんでした。

 それもあり、スイムの導入が上手くませんでした。息が上がり、息継ぎがうまくできない現象に陥りました。
開始早々で何人かリタイアしている人を見かけ、自分もいきなりリタイアか、と頭をよぎりました。
ただ、応援に来てくれていたコーチやホノチャレメンバー、知人たちへの申し訳なさと、レース前にもらったアドバイス「焦らず、慌てず、諦めず!」を思い出し、何とか踏ん張り一周目を完泳しました。
タイムは諦めて泳いでいたのですが、まさかの制限時間ギリギリでの一周目ゴール。ホッと一安心して二周目に入りました。
一周目と同じ泳ぎでも制限時間はクリアできるとわかったので、二周目はある程度落ち着いて泳げました。結果、制限時間45分のところ、42分でのスイムアップ。情けなさと安堵の気持ちでいっぱいでした。

 楽しみだったバイクレースに進め、気持ちよく走り出しました。思ってた以上に周りが速く、驚きましたが、マイペースを守りました。
場所により向かい風がかなり厳しく、高架道路の登りもキツかったですが、逆に追い風の気持ち良さと下りのスピード感でその苦しさを相殺しながらレースを行っていました。
何よりスイムでは聞こえない沿道の応援は嬉しかったです。

 無事にバイクも終え、ランを始めた瞬間に右足のハムストリングが攣りました。この状態で10キロか、と絶望感を味わいましたが、何とかジョグはできたのでゆっくりとゴールを目指しました。
 ランは赤レンガ倉庫を走るコースということもあり、より大きな声援を受けました。声援でパワーをもらえるとはこういうことか、と実感しました。
レースの醍醐味だと思います。終盤は両足とも各部を攣りながらも、声援パワーのおかげで何とかゴールできました。
 完走はできましたが、スイムの内容が悔しく、リベンジしたい想いでレース当日の夜、九十九里にエントリーしました。
また、フルマラソンにも興味が沸き、12月のレースに参加しようと考えています。
 来年はミドルにチャレンジしたいと思います。それをクリアした時に自分がどんな気持ちになるのか楽しみです。

1.png

4.png

3.png

2.png

〜ホノチャレ・ハマトラを終えて〜


ホノチャレ2024各回のレポートはこちら
メディロムホノルルトライアスロンはこちら
九十九里トライアスロンはこちら
オリジナルウェットスーツはこちら
オリジナルアパレルの制作はこちら

TOPICS CATGORY

ATA FREE TRIAL

まずは体験してみませんか?

「どんなトレーニングをするの?」
「自分のライフスタイルに合うかな?」
まずは体験してみませんか?
ATA全校で無料体験キャンペーンを開催中。

詳しくはこちら

ATHLONIA TRIATHLON ACADEMY

アスロニアトライアスロンアカデミーは、全国に14校ございます。お申し込み、お問い合わせは随時受け付けております。
トレーニングの内容や日程は、各アカデミーごとに異なりますので、詳細をご確認の上、ご連絡ください。
お一人様一回に限り無料体験をご利用いただけますので、まずは一度無料体験にお越しください。

東京都

COACH

アスロニアトライアスロンアカデミーの講師陣は、白戸太朗をはじめとしたトライアスロンの専門知識を持ったトライアスリートが務めます。熱く楽しくトライアスロンを伝えます。スクール専用のコースで各自のレベルに合ったトレーニングができるので、25m泳げない方でも、必ず夢のトライアスリートに!

詳しくはこちら

ATHLONIA PERSONAL

パーソナルトレーニング確実くなる

アスロニアのパーソナルレッスンは、トライアスロン経験豊富なプロのコーチにより一人一人の目的やライフスタイルに合わせたトレーニング指導をおこないます。コーチとの1対1によるレッスンによって、個々の特徴を把握しながらのメニュー作成や指導を行うため、より確実なレベルアップを体感したい方、スクールなどの練習時間が合わない方などにおすすめです。

詳しくはこちら

OWS

泳ぐ!

今年のアスロニアは、オープンウォータースイム(OWS)練習会を定期開催します!!
レースに向けて是非ご活用ください!
海での実践練習をしておくことで、大会当日は心の余裕ができ持っている力を最大限に発揮できます。
初めてレースに出場される方におすすめです。

詳しくはこちら

TRAINING CAMP

合宿仲間トライアスロン楽しむ!

トライアスロン未経験者でも参加できる、トレーニングキャンプです。
ATA生でなくてもご参加いただけます。
都会の喧騒を離れ、一緒に走り、 仲間とトライアスロンについて語りましょう!

詳しくはこちら
Copyright © ATHLONIA ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE
TOP