【トレーニングコラム】~バイク:骨盤を安定させてペダリング~

  • 2020.02.07

resistance_c03.jpg

イラストは、ジムで筋トレをしたことがある方ならおそらく誰もが使った事がある「レッグプレス」。
レッグプレスは同じ脚のトレーニングであるスクワット に比べて安定して大きな力を発揮する事ができます。
シートの背もたれが、骨盤、腰を固定し、レバーを握る事で上体が固定され、股関節、太腿で生んだ力を足の下にあるプレートだけに伝わるようにしてあるからです。

では、自転車に乗っている時はいかがでしょうか?


ペダルに力を加えようと臀部や太腿の筋肉を使って股関節を動かそうとした瞬間に股関節の根本を固定する骨盤が力を逃すような動きをしてしまい、力を逃してしまっては勿体ないですね。
強度が上がったり、疲れが強くなると上体を左右に大きく振ったり、骨盤の前傾後傾動作を大きくする人を見かけますが、これらの動きは大きすぎると逆に力を逃してしまっています。


背もたれはありませんが、セッティングや動きの修正で出来るだけレッグプレスと同じような状態にする事がポイントです。

表は、私がローラー台で骨盤を安定させるように意識をしながら、徐々に強度を上げて行くトレーニングをした際のデータです。
LEOMOのTypeSというデバイスを使ってデータを見る事ができます。
回転数を維持しながら、動きを安定をさせるようとデータを見ながら意識をしたにも関わらず、黄色のマーカーをつけてある足首の角度は左右左が大きくなり、オレンジのマーカーがある骨盤の捻り(上から見て骨盤の左右の端が前後に動く捻り)が最初に比べると2°近く平均が高くなっています。

負荷に負けて足首が動いてしまったのか?骨盤の動きの影響なのか?まだ分析しなければいけません。

スクリーンショット 2020-02-04 17.48.59.jpg

またグラフは、国内トップレベルの選手がFTPテスト(20分間最大努力)を行った際の各部位の動きです。
細かいことを説明すると時間がなくなりますが、ざっとグラフを見て、後半になると徐々に数値が上がるもの、グラフのギザギザの幅が大きくなるもの、データが下がって行くものがあります。
この選手は、余分な"力み"によるロスがある事がわかりましたので、それを直すためのトレーニングを行いました。

スクリーンショット 2020-02-04 17.21.49.jpg


股関節で生んだ力をペダルに効率よく伝えるためのサドル、ハンドル位置、クリートのセッティングと動きの修正を行う意識をぜひ持っていただきたいと思います。


1分間に100回転もするペダリング。
1時間乗れば6000回、ロングでは数万回転させるペダリング。
1回転の中での小さなムダもレースが終われば大きな蓄積になってしまいますね。


現在、アスロニアショップでは、日々のトレーニングでこんなデータを確認しながらトレーニングできるサイクルコンピューター「LEOMO TypeS」を販売中。


そして、動画とデータを共にペダリング、セッティングを確認する「LVS」のサービスを準備中です。

https://athlonia.com/


先日、アスロニアで講習会を行ってくれたアダムハンセンもこれを使って強くなっています!
アダムハンセンのトレーニング方法等が掲載されている記事はコチラ!


< 過去の記事 >

オフシーズンの過ごし方-1- ~オフシーズンの過ごし方~

オフシーズンの過ごし方-2- ~レースやトレーニングのデータを見直そう~

オフシーズンの過ごし方-3- ~股関節の動きをチェック~

オフシーズンの過ごし方-4- ~ローラー台を活用しよう!~

オフシーズンの過ごし方-5- ~フォームに集中~

オフシーズンの過ごし方-6- ~スイムの動きづくりの動画~

身体の中心からの距離を意識してみよう

息継ぎの時の視線に注意しよう!

バイクのペダリングを考える

ランニングの着地を考える

トレーニング強度や量を考える

チューブを使って、泳ぐ筋力を維持させよう

太ももの動きを意識しよう

TOPICS CATGORY

ATHLONIA TRIATHLON ACADEMY

アスロニアトライアスロンアカデミーは、関東10校、中部1校、関西4校ございます。お申込み、お問い合わせは随時受け付けております。
トレーニングの内容や日程は、各アカデミーごとに異なりまので、詳細をご確認の上、ご連絡ください。

東京都

COACH

アスロニアトライアスロンアカデミーの講師陣は、白戸太朗をはじめとしたトライアスロンの専門知識を持ったトライアスリートが務めます。熱く楽しくトライアスロンを伝えます。スクール専用のコースで各自のレベルに合ったトレーニングができるので、25m泳げない方でも、必ず夢のトライアスリートに!

詳しくはこちら

ATA FREE TRIAL

まずは体験してみませんか?

「どんなトレーニングをするの?」
「自分のライフスタイルに合うかな?」
まずは体験してみませんか?
ATA全校で無料体験キャンペーンを開催中。

詳しくはこちら

ATHLONIA PERSONAL

パーソナルトレーニング確実くなる

アスロニアのパーソナルレッスンは、トライアスロン経験豊富なプロのコーチにより一人一人の目的やライフスタイルに合わせたトレーニング指導をおこないます。コーチとの1対1によるレッスンによって、個々の特徴を把握しながらのメニュー作成や指導を行うため、より確実なレベルアップを体感したい方、スクールなどの練習時間が合わない方などにおすすめです。

詳しくはこちら

OWS

泳ぐ!

今年のアスロニアは、オープンウォータースイム(OWS)練習会を定期開催します!!
レースに向けて是非ご活用ください!
海での実践練習をしておくことで、大会当日は心の余裕ができ持っている力を最大限に発揮できます。
初めてレースに出場される方におすすめです。

詳しくはこちら

TRAINING CAMP

合宿仲間トライアスロン楽しむ!

トライアスロン未経験者でも参加できる、トレーニングキャンプです。
ATA生でなくてもご参加いただけます。
都会の喧騒を離れ、一緒に走り、 仲間とトライアスロンについて語りましょう!

詳しくはこちら

RUNNING SCHOOL

アスロニア × アスティーダ
ランニングスクール

ただ集まって走るのではなく、ただ頑張るのではなく、理想のフォームと効率良いトレーニング、正しい知識を習得するためのスクールです。オフシーズン、レースシーズン、四季など時期に応じたトレーニングプランを提供するとともに、理想のフォームを手に入れるためのフォーミング、体力レベルを効率よく上げるためのトレーニングを提供します。

詳しくはこちら
Copyright © ATHLONIA ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE
TOP