トライアスリートになるためのトレーニング

  • 2021.02.26

X1B_7001.JPG

■何から始める?


「トライアスロンを始めるには何からスタートしたら良いの?」と悩んでいる人も多いはず。
泳げる?泳げない?
自転車が得意?不得意?
ランニングが得意?不得意?
と、それぞれ得意種目があったり、苦手な種目があるので、全員に同じようなアドバイスができません。
これもトライアスロンの面白いところで、得意種目、不得意種目でレースの戦略が違ったり、順位が大きく変わったりします。

トレーニングの始め方、進め方について簡単にアドバイスしましょう。


■スイム


○得意な人

バイクやランは、日常生活で階段を登ったり、歩いたりして脚を使います。しかし、スイムは、日常生活で大きな力を発揮しない上半身の筋肉を主に使います。得意な人でも、できるだけ頻度を高めに泳ぐことが大切です。
また、得意な人は、ここで余裕を作りたいので、少しレベルアップも考えたいところです。
トライアスロンスクールやマスターズスイムのスクールに通いレベルアップのために作られたメニューをみながら行うことをお勧めします。


X 苦手な人
トライアスロンの中で、一番技術的な要素が必要な種目です。泳ぐ事が苦手な人は、泳ぐ技術レベルが低い人であると言い切っても過言ではありません。水の中は特別な環境です。浮力、水圧、流れなどの特有な環境の中で効率よく泳ぐ事を考えましょう。
上達のためには、誰かに指導をしてもらうことが必要ですね。パーソナルトレーニングで指導を受けたり、スクールに通ってコーチに指導をしてもらう事が上達の近道です。
トライアスロンのスイムトレーニングは、頑張って泳ぐメニューだけでなく、技術を向上するために行うドリルがメニューの中に組み込まれています。

■バイク

得意、苦手にかかわらず、バイクの後にランがあることを常に考え、レベルアップする際には強引にパワーを発揮するのではなく、効率よく動かすことを意識してトレーニングしましょう。

○ロードバイクに慣れている人
適切なペダル回転数や負荷(心拍やパワー)を知っている人であれば、自身にあった負荷で走るトレーニングを行ってください。ただし、がむしゃらにペダルを踏みつけるような癖がある場合は、ランに影響が大きくなりますので、効率よくペダリングをするように意識をしましょう。
お尻や太もも裏側の筋肉を使って太ももを振り下ろした力を、膝下の前後運動でペダルの回転動作に変換する意識を持ちながらペダリングをしましょう。
サドルやハンドルの高さ、前後位置などを適切にすることで、疲労を抑えながら大きなパワーを発揮することが可能となります。

X スポーツバイクに慣れていない人
タウンサイクルに比べて前傾姿勢が強く、不安定になりがちです。「止まる」「曲がる」という基本的な技術を習得し、安全に街を走る事ができるようにしてから、徐々に走る距離を伸ばしてゆきましょう。
ギアを変速する事ができます。ペダルの回転数が表示されるサイクルコンピューター(メーター)を確認しながら、90~100回転で楽に走れるスピードとギアの選択を心がけてください。
スピードを追い求めるのではなく、まずは長い時間自転車に乗り続けることを目的とします。
ギアをこまめに変えて、回転数と身体にかかる負荷を一定にするように走り続けましょう。
サドルやハンドルの高さ、前後位置などを適正にすることで、快適性、効率が大きく変わります。ショップやフィッティング専門のトレーナーにアドバイスを受けるこをお勧めします。


■ラン

○得意な人
マラソンやハーフマラソン、10kmのランニング大会に出場する時と同じようにトレーニングをしてみてください。スイム、バイクですでに疲労している状態でのランニングです。多少スピードが落ちてしまう事は仕方ありません。通常のランニングと同じように良いフォームで適切な強度でトレーニングをしましょう。

X 不得意な人
ゆっくり、そして短い時間のランニングからはじめ、ペースは変えずに徐々に時間を伸ばしてみてください。良い姿勢で頭の位置を高くするような意識を続けます。ランニングは体重の数倍の負荷が脚にかかります。急激なトレーニング量の増加は大きなストレスとなりますので、「慣れたな」と感じたら走る時間を5〜10分ずつ伸ばしてゆくように慎重にトレーニング量を増やして行ってください。




■トレーニング計画

スイム、バイク、ランのトレーニング計画に悩みますね。
トライアスロンスクールは早朝に行っている事が多く、残業やお付き合いなどのスケジュールを考えると朝を活用することで効率が上がります。

最初は、1週間に各種目1回ずつ。そして、苦手な種目やスイムは週2回を目標に徐々に頻度を増やすことを考えてみてください。
平日に朝スイム60分のプログラムを1~2回、30~60分の朝ランを1~2回、週末にちょっと長めのバイクライドもしくはランニングというようなプランから始め、体力や疲労の具合をみながら頻度を増やして行きましょう。

急激に時間を増やしたり、スピードをあげることは怪我をしたり、ストレスが大きくなりますので、最初は1回15分でも良いので、頻度を増やすことを考えてゆきましょう。
一番大切な事は継続させる事です。継続させる事を妨げてしまうストレスを避けるようにしましょう。




■アスロニアスクール

初めてのトライアスロンセミナー(オンライン)
開催日:2/27(土)11:00~

●トライアスロンデビューチャレンジ
全9回の充実したプログラムでトライアスロンデビューをアシストします。https://athlonia.com/school/topics/event/post-201/


● 朝スイム
トライアスリートのスタンダードである朝スイムも全国各地で開催。専門家の指導を受けながらレベルアップすることができます。
https://athlonia.com/school/#school_ata

● トライアスロンに必要なアイテムはアスロニアショップへ
トライアスロン専門店アスロニアは、初心者用セットをお求めやすく用意しております。
https://athlonia.com/shop/

● 初心者に最適なホノルルトライアスロン
https://honolulutriathlon.jp/

● ホノルルトライアスロンの写真
https://honolulutriathlon.jp/gallery/

TOPICS CATGORY

ATHLONIA TRIATHLON ACADEMY

アスロニアトライアスロンアカデミーは、全国に15校ございます。お申し込み、お問い合わせは随時受け付けております。
トレーニングの内容や日程は、各アカデミーごとに異なりますので、詳細をご確認の上、ご連絡ください。
お一人様一回に限り無料体験をご利用いただけますので、まずは一度無料体験にお越しください。

東京都

COACH

アスロニアトライアスロンアカデミーの講師陣は、白戸太朗をはじめとしたトライアスロンの専門知識を持ったトライアスリートが務めます。熱く楽しくトライアスロンを伝えます。スクール専用のコースで各自のレベルに合ったトレーニングができるので、25m泳げない方でも、必ず夢のトライアスリートに!

詳しくはこちら

ATA FREE TRIAL

まずは体験してみませんか?

「どんなトレーニングをするの?」
「自分のライフスタイルに合うかな?」
まずは体験してみませんか?
ATA全校で無料体験キャンペーンを開催中。

詳しくはこちら

ATHLONIA PERSONAL

パーソナルトレーニング確実くなる

アスロニアのパーソナルレッスンは、トライアスロン経験豊富なプロのコーチにより一人一人の目的やライフスタイルに合わせたトレーニング指導をおこないます。コーチとの1対1によるレッスンによって、個々の特徴を把握しながらのメニュー作成や指導を行うため、より確実なレベルアップを体感したい方、スクールなどの練習時間が合わない方などにおすすめです。

詳しくはこちら

OWS

泳ぐ!

今年のアスロニアは、オープンウォータースイム(OWS)練習会を定期開催します!!
レースに向けて是非ご活用ください!
海での実践練習をしておくことで、大会当日は心の余裕ができ持っている力を最大限に発揮できます。
初めてレースに出場される方におすすめです。

詳しくはこちら

TRAINING CAMP

合宿仲間トライアスロン楽しむ!

トライアスロン未経験者でも参加できる、トレーニングキャンプです。
ATA生でなくてもご参加いただけます。
都会の喧騒を離れ、一緒に走り、 仲間とトライアスロンについて語りましょう!

詳しくはこちら
Copyright © ATHLONIA ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE
TOP