コラム うまくならない理由とは (記事の紹介)

  • 2020.12.18

IMG_6163.jpg


宮古島へ行っても、ハワイに行っても風が強いと感じます。島や海沿いは風が強く、天気予報が外れますね。

海水温と陸地の温度の差があるためで、風を遮るものが少ないのがその理由とのことです。


合宿先に行くと常に天気の心配をしていたのですが、12月13日の宮古島での合宿では、地元の人も驚くほど無風の晴天で、とても良いトレーニングを行う事ができました。

「合宿=ガムシャラに頑張る」と、根性論がメインに見えてきそうなイメージですが、スイム、バイク、ランともに動きの解説や強度の設定についてしっかりお話をさせていただき、さらにグループごとに様子を見ながらトレーニングを進めさせていただきました。途中でソフトクリーム食べてるグループまでありましたが...。

■今回は、サイトの記事を紹介



スポーツ指導者向けのサイト「TORCH 」( https://torch-sports.jp/ ) にあった記事ですが、

「やらされる練習」でうまくならない理由とは --脳の仕組みを理解する--

と言うタイトルで、とても良い事が書いてあったので、そのままそのサイトを紹介したいと思います。



まず、私が注目した部分は、

練習は「修正・改善」のために行うもの


と言う段落の本文中にある「つまり、運動は「失敗しない」限り、うまくなっていかないのです。」と言う部分です。
フォーミング、ドリル、動き作りのトレーニングで、うまくできないとすぐに諦めてしまう人をよく見かけます。ドリルは、「うまくできない」「なんか変?」という "気持ち悪さ"を感じ続けることで、それを修正しようという反応が自然に出てきます。


この段落の冒頭にある「そのうち修正した回数は何回なのか?」と言う部分も重要で、
何本、何回やったか?ではなく、修正した回数は何回?と言う事ですね。トライアスロンに置き換えると「何km走ったか?」ではなく、「何km適切な強度で、理想のフォームを意識して走ったか?」と言う事が大切ですね。


ランニングやバイクライド、スイム中に
「あの信号までは、右足の着地位置に意識を集中しよう。で、次の信号までは、左足の振り出しに集中しよう」などただ漠然と走り続けるのではなく、動きや強度に意識を集中させて走り続けることで、動きの修正は可能です。
良いアドバイスを受け、良い選手の動画を見てイメージを作り、その意識で動かし続けることもポイントです。



「なぜその練習をするのか」を考え抜く


の段落には「同じ薬でもある人には有益に、別の人には害になるように、どんなに優れた練習やトレーニングも、それらを人に適用した時に「強くなるケース」と「弱くなるケース」が生じます。選手は「なぜこの練習をするのか」、指導者は「なぜこの練習を提案するのか」、理由を可能な限り明確にしながらレベルアップを図ってほしいと思います。」と書かれています。

SNSなど情報が多い中、パッと目にした情報に飛びついて、「本当に自分に合っているのか?」を考えずにトレーニングしている人も多いようです。前回の記事で紹介したフォアフット着地の話題が流行した後に、ふくらはぎの肉離れが増えた例などもこれに当てはまります。これも自身で判断することは難しいのですが、自分の動きに常に意識をし続けていれば、適切な動きもわかってくるでしょう。スクールのコーチに相談するのも良いと思います。

年末年始はスポーツのテレビ中継が多くなります。また、Youtubeなどでトップアスリートの動画をじっくり見る時間もできると思います。競技力が高いのには、その理由があります。どのスポーツにも共通した動きの良さがあります。

スーッと走る。パンっと地面を蹴る。グィっとペダルを踏む。長嶋茂雄さんが使うような音も全て良い動きの理由があります。それがどんな言葉で説明できるのか?というテーマで中継を見るのも良いと思います。修正するためには、良いイメージが必要です。そして、そのイメージがより具体的になると体に浸み込みやすくなります。テレビ中継の見方を変えてみてください。


ぜひ、この記事を読んでみてください。

「やらされる練習」でうまくならない理由とは --脳の仕組みを理解する--

( https://torch-sports.jp/article/cannot-learn-by-forced-training )



次の宮古島合宿は、2021年2月11日〜14日に開催予定です。

TOPICS CATGORY

ATLONIA TRIATHLON ACADEMY

アスロニアトライアスロンアカデミーは、全国に17校ございます。お申し込み、お問い合わせは随時受け付けております。
トレーニングの内容や日程は、各アカデミーごとに異なりますので、詳細をご確認の上、ご連絡ください。
お一人様一回に限り無料体験をご利用いただけますので、まずは一度無料体験にお越しください。

東京都

COACH

アスロニアトライアスロンアカデミーの講師陣は、白戸太朗をはじめとしたトライアスロンの専門知識を持ったトライアスリートが務めます。熱く楽しくトライアスロンを伝えます。スクール専用のコースで各自のレベルに合ったトレーニングができるので、25m泳げない方でも、必ず夢のトライアスリートに!

詳しくはこちら

ATA FREE TRIAL

まずは体験してみませんか?

「どんなトレーニングをするの?」
「自分のライフスタイルに合うかな?」
まずは体験してみませんか?
ATA全校で無料体験キャンペーンを開催中。

詳しくはこちら

ATHLONIA PERSONAL

パーソナルトレーニング確実くなる

アスロニアのパーソナルレッスンは、トライアスロン経験豊富なプロのコーチにより一人一人の目的やライフスタイルに合わせたトレーニング指導をおこないます。コーチとの1対1によるレッスンによって、個々の特徴を把握しながらのメニュー作成や指導を行うため、より確実なレベルアップを体感したい方、スクールなどの練習時間が合わない方などにおすすめです。

詳しくはこちら

OWS

泳ぐ!

今年のアスロニアは、オープンウォータースイム(OWS)練習会を定期開催します!!
レースに向けて是非ご活用ください!
海での実践練習をしておくことで、大会当日は心の余裕ができ持っている力を最大限に発揮できます。
初めてレースに出場される方におすすめです。

詳しくはこちら

TRAINING CAMP

合宿仲間トライアスロン楽しむ!

トライアスロン未経験者でも参加できる、トレーニングキャンプです。
ATA生でなくてもご参加いただけます。
都会の喧騒を離れ、一緒に走り、 仲間とトライアスロンについて語りましょう!

詳しくはこちら

RUNNING SCHOOL

ランニングスクール

ただ集まって走るのではなく、ただ頑張るのではなく、理想のフォームと効率良いトレーニング、正しい知識を習得するためのスクールです。オフシーズン、レースシーズン、四季など時期に応じたトレーニングプランを提供するとともに、理想のフォームを手に入れるためのフォーミング、体力レベルを効率よく上げるためのトレーニングを提供します。

詳しくはこちら
Copyright © ATHLONIA ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE
TOP