トレーニングコラム ドリルって必要なの?

  • 2020.11.20

スクリーンショット 2020-11-20 12.32.25.png

必要です!
冬になると朝スイムのメニューにドリルが増えますね。

たまに「ドリルよりガンガン泳がせてよ」何て言う人もいますが、とても大切なメニューです。
なぜドリルを行うのか?考えてみましょう。

■繰り返して自動化させる



自宅から出掛けた後に、「あれ?鍵を掛けたっけ?」と思うことがありますね。で、確かめに戻ると鍵は掛かっている。これは鍵を掛けると言う動作が自動化されていて、何も考えなくてもその行動ができているからです。

ドリルは、この鍵を掛けると言う動作と同じように、良い動きが自動的に行われるようにする事を目的とします。よって、鍵を掛ける事と同じように、何度も何度も繰り返し行う必要があります。ほんの数回やっただけでは、自動化される事はありません。良い動きを獲得したいのであれば、正しい動きやその動きにするためのドリルを何度も何度も繰り返すことが大切です。

■窮屈である事を感じる



突然ですが、壁の前に行き、壁に踵、お尻、背中、両肩、頭を着けて立ってください。そして、腰と壁の間に掌が一枚入るように、顎を軽く引き、お腹を軽く引っ込めて、頭の位置をあげるように意識をしてみてください。

その姿勢がランニングをしたり、泳いだりするのに理想的な姿勢なのですが、「窮屈」と感じる人が多いのではないでしょうか?

次に手を後ろに組み、後方に手を引くと胸をストレッチしてみてください。背中で組んだ手の位置をさらに高くして、顎を思い切り引いてと胸を首の後ろも一緒に伸ばしてみてください。

そして、もう一度壁の前に立ってみて、ストレッチ前後の"窮屈さ"を比較してみてください。
ストレッチ後の方が、スッと理想の姿勢で立つことができると思います。


この"窮屈である"と"あ、楽になった"と感じる事が動きを修正する時に必要な感覚です。


姿勢の癖、動きの癖は長い時間かけて作ってしまったモノ。これを"悪い"とか"不快"と感じてないので、修正する事なく、それが当たり前になってしまっています。これを修正するためには、"違和感"を感じて、修正した時に"良い感覚"を感じる事が大切です。


ドリルは、壁の前に立つことと同じように、動きが正確にできる?できない?を感じることができ、できなければ「なんかおかしいぞ」と動きの不正確さを感じることができます。そして、繰り返し行っていると、数回に1回「あ、なんか気持ちよく動いた」と感じることがあります。さらに繰り返し行うと数回に1回の良い感覚の回数が増えてきます。こうやって「当たり」の回数を増やすことで、良い動きの感覚を筋肉と神経に覚え込ませてゆく作業を続けることで、良いフォームを獲得することができます。

■何気ない動作も多くの筋肉を神経が調整して動かしている


立つ、歩く、走る動作は何も考えなくてもできる事なのですが、多くの筋肉が別々に細かく動きを調整して行っています。皆さんが日常でスプーンでスープを飲む動作など、肩、肘、手首、指の関節の動きを正確に調整して始めてできる事です。
スポーツの最中に全ての動きを同時に修正することは至難の技。なので、その中の動きを一部取り出して、ちょっと大袈裟にしたり、動きを感じやすくしたり、良い癖を自動化させる必要があります。ドリルは、動きの一部を取り出して、その動きに集中させて行います。

よって、ドリルを行うときは、動きのどの部分で、どうやって動かし、何を意識したら良いのか?を考えて行う必要があり、さらに、そのドリルをできるだけ正確に行う必要があります。
正確に行うためには、丁寧に行う事。速く進むことではなく、動きを正確に行うことを最優先に集中してください。なので、サークルや本数、速さに捉われずに進めてくださいね。



長い時間かけて染みついた悪い癖を修正するためには、時間と根気が必要です。
正しい動きを意識し、丁寧に、何度も何度も繰り返して行なって良い動きを習得させてください。

おすすめランニングドリル動画

https://youtu.be/aR2MyqYs1pA

https://youtu.be/waXB--Gg47Q

https://youtu.be/DIWs5PYFYwQ

スイムはATAのスイムスクールへGO!!

コーチが丁寧にアドバイスしてくれます。

https://athlonia.com/school/#school_ata

TOPICS CATGORY

ATLONIA TRIATHLON ACADEMY

アスロニアトライアスロンアカデミーは、全国に17校ございます。お申し込み、お問い合わせは随時受け付けております。
トレーニングの内容や日程は、各アカデミーごとに異なりますので、詳細をご確認の上、ご連絡ください。
お一人様一回に限り無料体験をご利用いただけますので、まずは一度無料体験にお越しください。

東京都

COACH

アスロニアトライアスロンアカデミーの講師陣は、白戸太朗をはじめとしたトライアスロンの専門知識を持ったトライアスリートが務めます。熱く楽しくトライアスロンを伝えます。スクール専用のコースで各自のレベルに合ったトレーニングができるので、25m泳げない方でも、必ず夢のトライアスリートに!

詳しくはこちら

ATA FREE TRIAL

まずは体験してみませんか?

「どんなトレーニングをするの?」
「自分のライフスタイルに合うかな?」
まずは体験してみませんか?
ATA全校で無料体験キャンペーンを開催中。

詳しくはこちら

ATHLONIA PERSONAL

パーソナルトレーニング確実くなる

アスロニアのパーソナルレッスンは、トライアスロン経験豊富なプロのコーチにより一人一人の目的やライフスタイルに合わせたトレーニング指導をおこないます。コーチとの1対1によるレッスンによって、個々の特徴を把握しながらのメニュー作成や指導を行うため、より確実なレベルアップを体感したい方、スクールなどの練習時間が合わない方などにおすすめです。

詳しくはこちら

OWS

泳ぐ!

今年のアスロニアは、オープンウォータースイム(OWS)練習会を定期開催します!!
レースに向けて是非ご活用ください!
海での実践練習をしておくことで、大会当日は心の余裕ができ持っている力を最大限に発揮できます。
初めてレースに出場される方におすすめです。

詳しくはこちら

TRAINING CAMP

合宿仲間トライアスロン楽しむ!

トライアスロン未経験者でも参加できる、トレーニングキャンプです。
ATA生でなくてもご参加いただけます。
都会の喧騒を離れ、一緒に走り、 仲間とトライアスロンについて語りましょう!

詳しくはこちら

RUNNING SCHOOL

ランニングスクール

ただ集まって走るのではなく、ただ頑張るのではなく、理想のフォームと効率良いトレーニング、正しい知識を習得するためのスクールです。オフシーズン、レースシーズン、四季など時期に応じたトレーニングプランを提供するとともに、理想のフォームを手に入れるためのフォーミング、体力レベルを効率よく上げるためのトレーニングを提供します。

詳しくはこちら
Copyright © ATHLONIA ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE
TOP