トレーニングコラム 「ミドル、ロングは脚作りがポイント」

  • 2020.04.03

「ミドル、ロングは脚作りがポイント」

スプリント、スタンダード、ミドル、ロング(ウルトラもありますが)とトライアスロンにはいくつかの距離に分類されている事は、愛好者の皆様はご存知ですね。

今回は、ミドル、ロングにチャレンジするためのトレーニングのポイントをお伝えします。

動きの効率(フォーム)は距離に関係なく良い方が負担は減りますが、今回は、心肺持久力と筋持久力というポイントに絞ってお話しましょう。

目標タイムをクリアしたり、制限時間内で完走するためには、その設定したペースで身体を動かし続ける筋力と酸素とエネルギーを補給し続けるための持久力が必要です。

動かし続ける」というところがポイントです。

まずは今長い時間動かし続ける事ができるペースで、その時間を伸ばして行きます。脚だけで考えると、バイクでスピードを出し続けるために、ペダルに力を与え続ける。ランだと着地衝撃に耐え、ペース維持をし続けるためのベース作りです。少しゆっくりとしたペースで時間を徐々に伸ばしてゆく必要があります。(図の青)

脚作りがポイント.png

レースで目標とするペースと今の体力を基準にしてください。
心拍であればロングのレースペースは体力レベルによっても違いますが、70~80%と言われております。基礎を作るには60~70%が良いのではないでしょうか。
そして、「徐々に」という所もポイントです。急激な時間延長は、怪我につながります。今の体力と目標がかけ離れている事もあります。トレーニング後の翌日の疲労度を確認して、次のステップに進んでください。

ミドル、ロングは、心肺持久力よりも筋持久力をメインに考えてみてください。バイクで疲労した状態で42kmを走り続ける事ができる脚が必要です。フルマラソンだけでも後半の失速をした事がある方はお分かりかと思いますが、脚が着地衝撃に耐えられなくなって失速しない事を最優先に考えてみてください。ロングのレースでは、フルマラソンより30~60分ほど長くかかる事を考えてペース設定をした方が良いかもしれません。

ヒトは、与え続けられた刺激に対して適応する動物です。レースに必要なペース、動きに適応するように、トレーニングも今の体力を考えつつ、目標とするペースでこの距離で走る事が求められます。

高い心拍で呼吸が荒くなるようなレースで走るような目標から大きく外れたペースでのトレーニングはそれほど必要ないでしょう。

ただ、スピードアップ、心肺持久力の強化も考える必要がありますので、平日の短いランニングやバイクのローラートレーニングなどでは、85〜90%の強度まで上げるようなトレーニングを行なって、目標ペースより少し速いスピードを養い、それを徐々に伸ばしてゆくというトレーニングも疲労、体調に合わせて行なってください。(図のオレンジ)

レースに近づくに連れて、長い時間のトレーニングとスピードを合わせてゆくと理想的です。
メインは、長い時間耐え続けられる脚作り、そして、短い時間での心肺持久力の向上両方からのアプローチをしてみましょう。

頑張り過ぎず、遅過ぎないペースコントロールは心拍計、GPSウォッチ、パワーメーターを活用してください。
使い方、詳細はショップスタッフへ!

https://athlonia.com/

TOPICS CATGORY

ATLONIA TRIATHLON ACADEMY

アスロニアトライアスロンアカデミーは、全国に17校ございます。お申し込み、お問い合わせは随時受け付けております。
トレーニングの内容や日程は、各アカデミーごとに異なりますので、詳細をご確認の上、ご連絡ください。
お一人様一回に限り無料体験をご利用いただけますので、まずは一度無料体験にお越しください。

東京都

COACH

アスロニアトライアスロンアカデミーの講師陣は、白戸太朗をはじめとしたトライアスロンの専門知識を持ったトライアスリートが務めます。熱く楽しくトライアスロンを伝えます。スクール専用のコースで各自のレベルに合ったトレーニングができるので、25m泳げない方でも、必ず夢のトライアスリートに!

詳しくはこちら

ATA FREE TRIAL

まずは体験してみませんか?

「どんなトレーニングをするの?」
「自分のライフスタイルに合うかな?」
まずは体験してみませんか?
ATA全校で無料体験キャンペーンを開催中。

詳しくはこちら

ATHLONIA PERSONAL

パーソナルトレーニング確実くなる

アスロニアのパーソナルレッスンは、トライアスロン経験豊富なプロのコーチにより一人一人の目的やライフスタイルに合わせたトレーニング指導をおこないます。コーチとの1対1によるレッスンによって、個々の特徴を把握しながらのメニュー作成や指導を行うため、より確実なレベルアップを体感したい方、スクールなどの練習時間が合わない方などにおすすめです。

詳しくはこちら

OWS

泳ぐ!

今年のアスロニアは、オープンウォータースイム(OWS)練習会を定期開催します!!
レースに向けて是非ご活用ください!
海での実践練習をしておくことで、大会当日は心の余裕ができ持っている力を最大限に発揮できます。
初めてレースに出場される方におすすめです。

詳しくはこちら

TRAINING CAMP

合宿仲間トライアスロン楽しむ!

トライアスロン未経験者でも参加できる、トレーニングキャンプです。
ATA生でなくてもご参加いただけます。
都会の喧騒を離れ、一緒に走り、 仲間とトライアスロンについて語りましょう!

詳しくはこちら

RUNNING SCHOOL

アスロニア × アスティーダ
ランニングスクール

ただ集まって走るのではなく、ただ頑張るのではなく、理想のフォームと効率良いトレーニング、正しい知識を習得するためのスクールです。オフシーズン、レースシーズン、四季など時期に応じたトレーニングプランを提供するとともに、理想のフォームを手に入れるためのフォーミング、体力レベルを効率よく上げるためのトレーニングを提供します。

詳しくはこちら
Copyright © ATHLONIA ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE
TOP