【トレーニングコラム】オフシーズンの過ごし方-4-

  • 2019.11.12

前回の記事

オフシーズンの過ごし方-1- ~オフシーズンの過ごし方~
オフシーズンの過ごし方-2- ~レースやトレーニングのデータを見直そう~
オフシーズンの過ごし方-3- ~股関節の動きをチェック~


◼️今回のテーマ
ローラー台を活用しよう!

11月にしては暖かい日が続きますが、そろそろ日が短くなり、思ったようなトレーニングができなくなりますね。気温も低くなり、日が短いオフシーズンを充実させ、2020年をもっと楽しむための情報をお伝えしています。
 
オフシーズンには
1) カラダと道具(特にバイク)のメンテナンスをしましょう!
2) 基礎的な体力や技術の習得に時間をかけましょう
3) トレーニング効率を上げるための知識を習得しましょう!
4) 冬に増えがちな体重をコントロールしましょう!
 
今回は、インドアトレーナー(ローラー台)を活用したトレーニングについてお話しします。
「ローラー台」と聞いて「ツライ」「つまらない」という言葉が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。しかし、バイクが強い選手(特にロング)は、ローラー台を活用したトレーニングが苦にならないという人が多いのです。さらにロード選手たちは、「Zwiftなんか必要ない。だって飽きないし、集中してトレーニングできる」という人ばかりです。雨や寒い日のためにローラーがあるのではなく、屋外でバイクライドができる日だとしても敢えてローラーを使ったトレーニングを行うくらいです。
 
そうは言っても....という方に、その対処方法を説明したいと思います。
 
その前に、ローラー台を使うメリットを挙げてみます。

1)事故、落車のリスクが大きく減る
>> よってペダリングやトレーニング強度に集中する事ができる

2)環境による影響が少ない
>> 坂道、信号がないので、環境に惑わされず自分に最適なトレーニング効果をメインに考えて強度、時間をコントロールできる
>>心拍、パワー、ペダル回転数に集中できる。心拍やペダル回転数、さらにパワーメーターが付いてなくてもパワーが設定できるトレーナーであれば、データに集中してトレーニングできる(道路だと安全確認が必要ですね)
>>狙った強度でトレーニングがしっかりできるなら、ローラー台を活用する。
 
忙しい中、時間を作ってトレーニングをするのですから、効率が良いトレーニングをしたいですね。トレーニング効率を上げるためには、ペダリング効率を上げる事(フォーミング)と適切な強度と時間を設定する事が大切です。
 
飽きずに効率良いトレーニングをローラー台で行うためには....
「メニューを用意する」事です!
 
メニューで設定できるのは、ペダル回転数、心拍数、パワーです。これらをうまく組み合わせて飽きずに効率を考えたメニューを作ってゆきます。
 
例を挙げてみます。
1) W-up 5min
2) 片足ペダリング (片足1minx左右交互)x5セット 10min
3) ペダリング
 ギア:アウターxトップ~10枚目まで1分ごとに軽く 1minx10 10min
  重たいギアでペダルにかける力の方向を意識する。
  脚だけでなく、上半身の動きも意識して綺麗に回す
  徐々に軽いギアになるので、回転数を上げてゆく
  回転数が上がっても良い動きのままペダリングする
4) ビルドアップ
 心拍120拍(orパワー●●w)から心拍10ずつUp5段階
 ペダル90回転 2min x5段階 10min
5) リカバリー 2min
6) インターバル (1minハード+1minイージー)x10セット 20min
7) ダウン 8min
これで65分のメニューです

コラム.jpg
 
細かく時間を分けてメニューを作成して行うと飽きずにトレーニングできると思います。徐々に慣れてきたら、5分、10分と一つ一つのメニューを伸ばしてゆく事ができると思います。
 
いかがですか?
 
12月末までにアスロニアショップでインドアトレーナーを購入していただいた方には、トレーニングメニューの基本パターンをいくつかお渡しします。スタッフにご相談ください。
https://athlonia.com/
 
また、ストラバに登録して皆さんでトレーニングの状況を共有してみませんか?
ストラバのAthloniaクラブを作りました!
https://www.strava.com/clubs/athlonia
 
ストラバはモチベーション維持のために有効です!

前回の記事や講習会のお知らせは↓
https://athlonia.com/

アスロニアショップでは、心拍計、パワーメーター各種揃っています。活用方法をスタッフが説明させて頂きます!
https://athlonia.com/shop/

< 過去の記事 >

オフシーズンの過ごし方-1- ~オフシーズンの過ごし方~

オフシーズンの過ごし方-2- ~レースやトレーニングのデータを見直そう~

オフシーズンの過ごし方-3- ~股関節の動きをチェック~

オフシーズンの過ごし方-4- ~ローラー台を活用しよう!~

オフシーズンの過ごし方-5- ~フォームに集中~

オフシーズンの過ごし方-6- ~スイムの動きづくりの動画~

身体の中心からの距離を意識してみよう

息継ぎの時の視線に注意しよう!

TOPICS CATGORY

ATLONIA TRIATHLON ACADEMY

アスロニアトライアスロンアカデミーは、全国に17校ございます。お申し込み、お問い合わせは随時受け付けております。
トレーニングの内容や日程は、各アカデミーごとに異なりますので、詳細をご確認の上、ご連絡ください。
お一人様一回に限り無料体験をご利用いただけますので、まずは一度無料体験にお越しください。

東京都

COACH

アスロニアトライアスロンアカデミーの講師陣は、白戸太朗をはじめとしたトライアスロンの専門知識を持ったトライアスリートが務めます。熱く楽しくトライアスロンを伝えます。スクール専用のコースで各自のレベルに合ったトレーニングができるので、25m泳げない方でも、必ず夢のトライアスリートに!

詳しくはこちら

ATA FREE TRIAL

まずは体験してみませんか?

「どんなトレーニングをするの?」
「自分のライフスタイルに合うかな?」
まずは体験してみませんか?
ATA全校で無料体験キャンペーンを開催中。

詳しくはこちら

ATHLONIA PERSONAL

パーソナルトレーニング確実くなる

アスロニアのパーソナルレッスンは、トライアスロン経験豊富なプロのコーチにより一人一人の目的やライフスタイルに合わせたトレーニング指導をおこないます。コーチとの1対1によるレッスンによって、個々の特徴を把握しながらのメニュー作成や指導を行うため、より確実なレベルアップを体感したい方、スクールなどの練習時間が合わない方などにおすすめです。

詳しくはこちら

OWS

泳ぐ!

今年のアスロニアは、オープンウォータースイム(OWS)練習会を定期開催します!!
レースに向けて是非ご活用ください!
海での実践練習をしておくことで、大会当日は心の余裕ができ持っている力を最大限に発揮できます。
初めてレースに出場される方におすすめです。

詳しくはこちら

TRAINING CAMP

合宿仲間トライアスロン楽しむ!

トライアスロン未経験者でも参加できる、トレーニングキャンプです。
ATA生でなくてもご参加いただけます。
都会の喧騒を離れ、一緒に走り、 仲間とトライアスロンについて語りましょう!

詳しくはこちら

RUNNING SCHOOL

アスロニア × アスティーダ
ランニングスクール

ただ集まって走るのではなく、ただ頑張るのではなく、理想のフォームと効率良いトレーニング、正しい知識を習得するためのスクールです。オフシーズン、レースシーズン、四季など時期に応じたトレーニングプランを提供するとともに、理想のフォームを手に入れるためのフォーミング、体力レベルを効率よく上げるためのトレーニングを提供します。

詳しくはこちら
Copyright © ATHLONIA ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE
TOP