Nakaji tips「大切な酸素を取り込む」

  • 2021.04.02

タイトル.png
iStock-1275774346.jpeg

ヒトは、酸素がないと生きていけません。
そして、トライアスロンやマラソンは、有酸素運動の代表的なスポーツとされ、大量の酸素を使いながら運動を続けます。一般ランナーでも、体力レベルの高い人は、1分間に3ℓ以上の酸素を使います。フルマラソンを走ると必要な酸素の量は、目には見えませんが数百ℓにもなります。

また、疲労回復やケガの回復にも酸素は必需品です。ケガや疲労の早期回復のために高酸素カプセルに入る選手がいますが、逆に低酸素環境下である標高の高いところでは、疲労回復やケガの回復が遅れるので、十分な睡眠が必要だったりします。
以前、ラグビーのトレーナーと高地トレーニングについて話をしたのですが、「ラグビーはタックルなどコンタクトや転倒により小さな損傷が常に起きていて、目に見えないケガの回復が遅れて、それが大きな怪我につながるので、なかなか高地トレーニングを導入することができない。」というラグビーらしい特性を聞いたことがあります。

私も何度も高酸素カプセルに入ったことがありますが、30分の睡眠でもものすごく回復した感覚がありました。高額な装置が必要なので、一般的ではありませんが、もし高酸素カプセルに入れる環境があるのであれば、積極的に利用した方が良いと思います。


■「走っている間の呼吸って?」

バイクやランの講習会で、「呼吸の方法を教えてください」と質問をよく受けます。
「呼吸は特に意識をしなくて良いです。酸素が足りなくなれば、ヒトは自動的に早く深い呼吸をします。逆にコントロールをしようとすると、苦しくなることがあるので注意をしてください」と回答します。

さらに「空気がスッと入ってくるように、胸郭を広げるような意識をしてみてください。」といつも続けます。心拍計のベルトや女性であれば、スポブラのアンダーバストのゴムを広げて胸郭を広げるようなな意識を持って良い姿勢を維持するように意識してもらいます。この姿勢を作るためには、胸の筋肉や胸郭の柔軟性が必要なので、ストレッチングをすることが有効です。

↓胸のストレッチング
スクリーンショット 2021-04-02 16.23.53.png
(画像をクリックすると動画を見ることができます)


さらに呼吸筋と言われる呼吸の動きを助ける筋群を鍛えるためのトレーニング機器を活用することで、効率良い呼吸ができるようになります。

私が指導していた選手で、強度が上がると呼吸が浅く、苦しそうにしていたので、呼吸筋のトレーニングを毎日実施させたところ、ランニング中の呼吸が深くなり、その影響もあってパフォーマンスが大きく改善したことがありました。

目に見えない酸素ですが、身体には多くの影響を与えます。酸素を効率よく身体の中に取り入れられるように身体のケアをしてください。

------------------------
色々なプログラムで皆さんをサポートします!
合宿や朝スイム、ランニングプログラムやパーソナルトレーニングなどなど
トレーニングイベント一覧はこちら!
-
----------------------
宮古島キャンプ(TTバイクが試乗できちゃうかも)
2021年4月17日(土)〜18日(日)(4月16日、4月18日もオプションあり)

詳細はこちら

--------------------

TOPICS CATGORY

ATLONIA TRIATHLON ACADEMY

アスロニアトライアスロンアカデミーは、全国に17校ございます。お申し込み、お問い合わせは随時受け付けております。
トレーニングの内容や日程は、各アカデミーごとに異なりますので、詳細をご確認の上、ご連絡ください。
お一人様一回に限り無料体験をご利用いただけますので、まずは一度無料体験にお越しください。

東京都

COACH

アスロニアトライアスロンアカデミーの講師陣は、白戸太朗をはじめとしたトライアスロンの専門知識を持ったトライアスリートが務めます。熱く楽しくトライアスロンを伝えます。スクール専用のコースで各自のレベルに合ったトレーニングができるので、25m泳げない方でも、必ず夢のトライアスリートに!

詳しくはこちら

ATA FREE TRIAL

まずは体験してみませんか?

「どんなトレーニングをするの?」
「自分のライフスタイルに合うかな?」
まずは体験してみませんか?
ATA全校で無料体験キャンペーンを開催中。

詳しくはこちら

ATHLONIA PERSONAL

パーソナルトレーニング確実くなる

アスロニアのパーソナルレッスンは、トライアスロン経験豊富なプロのコーチにより一人一人の目的やライフスタイルに合わせたトレーニング指導をおこないます。コーチとの1対1によるレッスンによって、個々の特徴を把握しながらのメニュー作成や指導を行うため、より確実なレベルアップを体感したい方、スクールなどの練習時間が合わない方などにおすすめです。

詳しくはこちら

OWS

泳ぐ!

今年のアスロニアは、オープンウォータースイム(OWS)練習会を定期開催します!!
レースに向けて是非ご活用ください!
海での実践練習をしておくことで、大会当日は心の余裕ができ持っている力を最大限に発揮できます。
初めてレースに出場される方におすすめです。

詳しくはこちら

TRAINING CAMP

合宿仲間トライアスロン楽しむ!

トライアスロン未経験者でも参加できる、トレーニングキャンプです。
ATA生でなくてもご参加いただけます。
都会の喧騒を離れ、一緒に走り、 仲間とトライアスロンについて語りましょう!

詳しくはこちら

RUNNING SCHOOL

ランニングスクール

ただ集まって走るのではなく、ただ頑張るのではなく、理想のフォームと効率良いトレーニング、正しい知識を習得するためのスクールです。オフシーズン、レースシーズン、四季など時期に応じたトレーニングプランを提供するとともに、理想のフォームを手に入れるためのフォーミング、体力レベルを効率よく上げるためのトレーニングを提供します。

詳しくはこちら
Copyright © ATHLONIA ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE
TOP