nakaji tips「パフォーマンスの公式」

  • 2022.01.28

タイトル.png
トライアスロンをもっと楽しんでもらうために毎週配信しております
IMG_2609.jpg

最近読んだ専門書です。
少し前に調べた文献にもあって、この本にも同じような公式があったので、今回はその事についてお話ししたいと思います。

マラソンのパフォーマンス = LT※1の強度 / ランニングコスト
この式には、酸素摂取量(ml/min) ※2 とスピード(m/分)の単位があちこちにあるのですが、難しくなるので省略してます

以前に見た文献はマラソンだけでなく全てのスポーツのパフォーマンスということで

パフォーマンス= 基礎体力 x 専門的な体力 x 技術 x 体調 x 心 x 地力

というものもありました。
こちらは、いろんな要因がパフォーマンスに影響するということですね。これは改めて内容を紹介しますね。


■マラソンのパフォーマンスの式
これは、キプチョゲが2時間を切った時のプロジェクトチームが発表したもので、
LTの強度はマスクをつけた呼気ガス分析や血中乳酸濃度を測定して明らかにしたLT の時のスピードで
ランニングコストというのは、1mあたりにどれくらいの酸素を使うのか?というのを測ってペースを割り出しています。

ランニングエコノミーという表現もありますが、簡単に言うと...フォームが悪いとそれを補うために使わなくても良い筋肉を使います。一般的に左右にブレたり、上下動が大きいという事ですね。そうすると同じスピードで同じ距離を走ってみるとフォームが悪いと、筋力を多く使い、酸素をたくさん使うことになります。

同じペースで走っても、「使う酸素が少ない」= 「良いフォームで楽に走れる」ということですね。

そして、もう一つ重要なポイントはLT(乳酸性閾値)。LTのスピードが基本で、ここからフォームによる無駄がマイナスされるということ。
LTレベルのトレーニングを中心に行って、持久力を向上させることが大切ということが改めて確認されました!
見た目のスピードを上げるのではなく、身体の中で起きている代謝のレベルを上げるという事がポイント。乳酸が急激に上がる体にかかる負荷(運動強度)が、パフォーマンス向上のカギという事です。
最大努力で最大酸素摂取量を上げるトレーニングではなく、LTレベルですよ!!

※1 LTとは:
運動の強度が徐々に上がると、使うエネルギーの割合が脂肪優位だったものが、徐々に糖質を使うようになって行きます。糖質を使うとその副産物として乳酸が産出されます。
乳酸もエネルギーとして使うことができるのですが、体内の乳酸濃度が高くなると運動を長く続けられなくなります。
ある強度で急激に乳酸の産出が多くなるポイントがあり、乳酸をエネルギーとして使う量より体内の濃度が高まってしまう強度に変わって行きます。そこを乳酸生閾値(Lactate Treshhold)と言い、頭文字をとってLTと呼ばれています。

※2 酸素摂取量とは:
ヒトは生きてゆくために酸素が必要です。身体を動かすには酸素を使って脂肪や糖を分解してエネルギーにしています。
運動の強度が高くなったり、長く運動を続けると酸素をたくさん利用します。体力が向上して行くと酸素を使う能力が高まります。この酸素をたくさん取り入れて使う能力の指標として、酸素摂取量が使われます。通常はマスクを着用して呼気ガスを分析して測定しますが、心拍数などから酸素摂取量を予測することも多くあります。
最大酸素摂取量(Vo2max)は、1分間に酸素をどれだけ多く摂取できるかという指標です。

持久系スポーツのパフォーマンスが高い人は最大酸素摂取量が高いのですが、レースでのパフォーマンスはLTの方が大切です。同じ最大酸素摂取量の人でもLTの差でパフォーマンスが違います。
LTレベルのトレーニングを中心に続けることで、LTレベルは向上して行きます!

-------------------------------
■ミドルチャレンジ
ミドルディスタンスに挑戦!ミドルやロングでステップアップ!
全9回の練習会。詳細はこちら

■ATHLONIA Run innovation」~ランニングを徹底的に見直そう!〜
途中からの参加も可能です。
詳細はこちら

■過去に配信したnakaji tipsのリストを作りました >> 配信リスト

トレーニングイベント一覧こちら!

----------------------------

■トレーニングキャンプ情報
メイストームと合同!
暖かい南の島でトレーニング!

石垣島キャンプ 3/19-3/21(まもなく募集開始!)
2月の宮古島キャンプは中止です
----------------------------

コーチが毎回メニューを作り、アドバイスをするアスロニアのスイムスクールも是非活用してください
-
----------------------

TOPICS CATEGORY

ATHLONIA TRIATHLON ACADEMY

アスロニアトライアスロンアカデミーは、全国に15校ございます。お申し込み、お問い合わせは随時受け付けております。
トレーニングの内容や日程は、各アカデミーごとに異なりますので、詳細をご確認の上、ご連絡ください。
お一人様一回に限り無料体験をご利用いただけますので、まずは一度無料体験にお越しください。

東京都

COACH

アスロニアトライアスロンアカデミーの講師陣は、白戸太朗をはじめとしたトライアスロンの専門知識を持ったトライアスリートが務めます。熱く楽しくトライアスロンを伝えます。スクール専用のコースで各自のレベルに合ったトレーニングができるので、25m泳げない方でも、必ず夢のトライアスリートに!

詳しくはこちら

ATA FREE TRIAL

まずは体験してみませんか?

「どんなトレーニングをするの?」
「自分のライフスタイルに合うかな?」
まずは体験してみませんか?
ATA全校で無料体験キャンペーンを開催中。

詳しくはこちら

ATHLONIA PERSONAL

パーソナルトレーニング確実くなる

アスロニアのパーソナルレッスンは、トライアスロン経験豊富なプロのコーチにより一人一人の目的やライフスタイルに合わせたトレーニング指導をおこないます。コーチとの1対1によるレッスンによって、個々の特徴を把握しながらのメニュー作成や指導を行うため、より確実なレベルアップを体感したい方、スクールなどの練習時間が合わない方などにおすすめです。

詳しくはこちら

OWS

泳ぐ!

今年のアスロニアは、オープンウォータースイム(OWS)練習会を定期開催します!!
レースに向けて是非ご活用ください!
海での実践練習をしておくことで、大会当日は心の余裕ができ持っている力を最大限に発揮できます。
初めてレースに出場される方におすすめです。

詳しくはこちら

TRAINING CAMP

合宿仲間トライアスロン楽しむ!

トライアスロン未経験者でも参加できる、トレーニングキャンプです。
ATA生でなくてもご参加いただけます。
都会の喧騒を離れ、一緒に走り、 仲間とトライアスロンについて語りましょう!

詳しくはこちら
Copyright © ATHLONIA ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE
TOP