• アスロニアオンラインショップ
  • アスロニアトライアスロンアカデミー
  • トライアスロンレース
  • アスロニアコンディショニングルーム

SHOP TOPICS

【試乗会報告】キャノンデール SYNAPSE EXPERIENCE その②

2017.11.14 商品紹介

【試乗会報告】キャノンデール SYNAPSE EXPERIENCE その②

 

【今までのエンデュランスバイクは何だったのか?】

 

みなさんこんにちは!

MASAです。


キャノンデール SYNAPSE EXPERIENCE メーカー試乗会 後半です!!

 

KIMG15.jpg

 

前回はバイク・SYNAPSEについて簡易的ご紹介させていただきましたが、

今回、実際に乗ったインプレ等々ご報告いたします!!


コースは宮ケ瀬湖を八の字に回り、約60Km

上りがほとんどの山岳コースとなっております。


エンデュランスバイクで走るような道なのか?


私、MASAは出身は神奈川ですが、1年ちょい近くまで愛知県に住んでおりました。

毎週トライアスロンバイクに乗り、西知多産業道路を大爆走する。

平地大好きな子がエンデュランスバイクで坂なんて、、、

僕、死んじゃう、、、わぁい、たのしみ、、、

 

だが実際に走り出してみると、今までのエンデュランスバイクの概念が変わる変わる

下がっていたモチベーションが上がってきます。

 

 

無題.jpg

※写真はキャノンデールホームページにて引用

 

エンデュランスバイクは振動吸収に長けたフレーム、素材故に反応性がトップのレーシングモデルと比較すると

少し劣った感覚に陥ります。

ですが、今回のSYNAPSE(シナプス、以下カタカナ表記)にはそれが感じられない

漕ぎ出しは軽くバネのようにしなやかな反応でスッと伸びていく印象。

反応の良さはレースモデルのバイクに近しいものを感じるが、レースモデルによく感じられるガツガツした走り

(踏んだ分だけ応えてくれて切り込んでいくイメージ)とは異なり、エンデュランスバイクの良さ(安定性、振動吸収)がしっかり残っている。


えらく荒い表現だが、レースバイクとエンデュランスバイクの中間の走り心地だ。


乗り心地は正直言ってエンデュランスバイクなんだが、この反応の良さはエンデュランスバイクと言ってもいいものなのだろうか?

人によってはこのバイクの方がバネがありSix Evoよりも走れるユーザーもいると思う。

またエンデュランスバイクと名乗っているだけBBの位置が低く設定されており、バイクの重心が低くなることで走行中、旋回時の安定性が増している。

そして驚くことにこのシナプスはエンデュランスバイクと謳いながらもBBの剛性はSix Evoを凌ぐ高剛性ということだ。

(レースバイクを超えるBB剛性ってエンデュランスバイクって言えるのか?と疑問が少し残るが、快適に長距離走れればエンデュランスなのだ。)



ここで1つ疑問が生まれる


Six Evoよりも剛性の高いBB周り

にもかかわらず何故そこまで快適に走れているのか?

 

答えの1つがこれだ

 

KIMG1568.jpg

 

 

これはシナプスに搭載されている”パワーピラミッド”というものだ。

これのメリットは①軽量化②剛性を少し落とす、ということだ。

剛性を落とすのはデメリットになると思われるが、シナプスはエンデュランスバイク、Hi-modカーボンを使うと硬くなりすぎてしまうのだ。

走行性能を落とすことなく快適性を上げる

ただの肉抜きデザインに見えてしまうこともないが、これは難しいことだと思う。

軽くしつつも必要分の剛性を確保する。

ふつうなら硬くするには重くなる、軽くするならフレームが柔らかい

相反するものを両立しつつ、共にスペックの高い位置で用意する。

高剛性のフレームを生産してきたメーカーならではの技術だと思う。

 

現にシナプスカーボンだとパワーピラミッドは搭載されておらず、綺麗にフィレットされている。

これは逆に剛性を落とすわけにはいかないからだ。

一見ルックス重視なデザインと思われてしまうが、ここにキャノンデールの良さが出ている。


振動吸収を長けている為、ちょっとしたグラベル、アドベンチャーバイクとしての使い方も面白いと思う。

 

 

KIMG1570.jpg KIMG1573.jpg

 

 


次回はキャノンデールのスタッフに聞いた

「シナプスをこんな乗り方も面白い!!」

 

*************************************************

★トライスロンバイクMODE2017in川口オート

最高のバイクブランドとモデル、そして、この上ない最高のコースで「真のDHポジション試乗」が出来ます。

http://athlonia.com/store/event/1210mode2017_in_produced_by_athlonia4000m/

★INDOOR BIKE TRAINING

アスロニアショップスタッフが運営する「究極」のバイクトレーニングです。トレーナーの鼓舞、BGM、そして、専用マシンによるインドアバイクトレーニングです。

http://athlonia.com/store/staff/_21_studio_a/

★FITTING

トライアスロンバイクは、練習量、目標レースに合わせて、適切なフィッティングをオススメしています。

http://athlonia.com/shop/bikefit/

★POINT SERVICE

ご購入後、さまざまなアフターサービスを兼ねたお得なポイントカードを発行させて頂いています。

http://athlonia.com/shop/point/

*************************************************

 

2017/11/14 ATHLONIA MASA西

トライアスロンコンセプトショップ アスロニア
Triathlon Concept Shop ATHLONIA

ADDRESS
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目1番24号鳩森八幡神社ビル1F
〒151-0051
1F Hatomorijinjya Bldg. 1-1-24 Sendagaya Shibuya-ku Tokyo Japan
TEL
03-3470-7227
FAX
03-5413-7572
OPEN HOURS
平日 12:00~21:00
土・日・祝 11:00~19:00
定休日 年中無休
Weekday 12:00 - 21:00
Weekend 11:00 - 19:00
Open all year round
Copylight © ATHLONIA ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE
TOP