【エージェントKコラム】ディスクブレーキがおすすめな 理由 わけ

  • 2018.10.08

【エージェントKコラム】ディスクブレーキがおすすめな<ruby> <rb>理由</rb> <rt>わけ</rt>

 

 

【これから買うならディスクブレーキ!】

 

みなさん、こんにちは。エージェントKです。

今回は2回目ということで巷を騒がせているディスクブレーキについてです。

 

近年ディスクブレーキが流行の兆しを見せていますが(ツール然り、メーカー然り、雑誌然り、、、)

みなさんはどうお思いでしょうか?

 

「リムブレーキより重くなるし...」「オンロード走るのにそこまで制動力要らないし...」

と思ってる方は少なからずいらっしゃると思います。

 

しかし、私はトライアスロンをやるのであれば

断然ディスクブレーキの方がおすすめです!

 

それは何故かって?

 

例えばトライアスロンの大会の日に雨が降っていたとしましょう。

 

 

CASEその1 リムブレーキの自転車でレースに出るとすると...

ーカーボンホイールを選んだ場合編ー

 

カーボンホイールを選んだ場合、優れた軽量性や空力により速くは走れますが

雨で制動力が著しく落ちるため、ブレーキで止まりづらくなります。

それに伴い、下りやコーナー等のブレーキで

精神的にストレスを抱え続け、疲労することになります。

 

 

CASEその2 リムブレーキの自転車でレースに出るとすると...

ーアルミホイールを選んだ場合編ー

 

カーボンホイールより制動力が落ちないので

ブレーキで不安を抱える不安やストレスが少なくなります。

 

しかし、カーボンのホイールよりも軽量性や

空力に劣る為、走行性能が低く単純に疲れます。

 

普段カーボンホイールで楽に巡行や登板できてたのが

出来なくなるので、これもまた精神的に来ます。

 

 

想像してみて下さい。

雨でブレーキが効きづらい中アイアンマンで180kmを走るとしたらどれだけ辛いか...

 

 

そこで第3の選択肢でディスクブレーキの自転車に乗ってた場合ですと...

 

リムを挟んで止まらないので、アルミでもカーボンのホイールでも

制動力が変わらない上に雨でも制動力が落ちにくいです。

 

更に油圧ブレーキであれば引きが軽くてコンロトール性も高いため

雨の日に限らず手が疲れにくく、コーナーでのブレーキコントロールも

行いやすくリムブレーキよりも曲がりやすいです。

 

最近のオンロード用のディスクブレーキは制動力はリムブレーキとほぼ同等に

抑えられており、ブレーキの立ち上がりもかなりマイルドなのでブレーキが急に効きすぎる心配もないです。

 

更にディスクブレーキですと、フォーククラウンにブレーキを付けたり、リムを挟んでブレーキを掛けないので

フレームとホイールの設計自由度が上がり、より空力に優れた設計が可能になります!

 

ちなみにどれだけ違うかというと...

スペシャライズドのリムブレーキとディスクブレーキの

アレーでこれだけ変わってきます

 

s_IMG_5733.JPG s_IMG_5734.JPG

 

より空力に特化させたCERVELOのP5Xですとこんな感じになります。

 

 

s_IMG_5737.JPG

 

ホイールのリムはこんな風になります

 

s_IMG_5747.JPG

 

ディスクブレーキですとフレーム・ホイール・ブレーキ合わせて

700g程重くなるのですが、トライアスロンですと重量を

ロードレースやヒルクライムなどに比べて気にする必要が無いので

重量のデメリットも少ないです。

(シマノのデュラエースのリムブレーキと油圧ブレーキのウェイト比較)

 

更に往来のクイックリリースでは細い棒の上にフレームやフォークを載せてズレないように

しているだけなので、横から力がかかったりするとフレームなどがよれて

力が逃げてしまいエネルギーロスを起こしてしまいますがディスクブレーキだと

スルーアクスルという規格で12mmの太い棒をフレームやフォークに直接締結して

ホイールを固定するので、図のように四角くなり力が逃げにくくなり

剛性が上がるので、コーナーでの安定性やホイールの転がりが良くなります!

 

s_IMG_5754.JPG

 

その反面、力が逃げにくいが故に乗り心地は悪くなってしまいます...

 

そこでチューブレスタイヤがディスクブレーキにはおすすめになってきます!

 

ディスクブレーキ同様、今話題のチューブレスタイヤに

ついては次回書いていきたいと思います。

 

乞うご期待下さい!

 

 


*************************************************

★INDOOR BIKE TRAINING

アスロニアショップスタッフが運営する「究極」のバイクトレーニングです。トレーナーの鼓舞、BGM、そして、専用マシンによるインドアバイクトレーニングです。

http://athlonia.com/shop/indoor-bike/

★FITTING

トライアスロンバイクは、練習量、目標レースに合わせて、適切なフィッティングをオススメしています。

http://athlonia.com/shop/bike-fitting/

★POINT SERVIC

ご購入後、さまざまなアフターサービスを兼ねたお得なポイントカードを発行させて頂いています。

http://athlonia.com/shop/point-loan/

************************************************

2018/10/07 ATHLONIA エージェントK

TOPICS CATGORY

POINT SERVICE

SHOPPING LOAN

お買い物にお得で便利なサービスをご用意しております。
ポイントサービスとショッピングローンをご紹介します。

詳しくはこちら

ACCESS

Triathlon Concept Shop ATHLONIA

151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目1番24号鳩森八幡神社ビル1F

〒151-0051
1F Hatomorijinjya Bldg. 1-1-24 Sendagaya Shibuya-ku Tokyo Japan

TEL : 03-3470-7227

FAX : 03-5413-7572

OPEN HOURS

平日 12:00~21:00 / 土・日・祝 11:00~19:00
定休日 火曜日

Weekday 12:00 - 21:00 / Weekend 11:00 - 19:00
Closed on Tuesday

Copylight © ATHLONIA ALL RIGHTS RESERVED.