ATHLONIA TOP > Race > My Triathlon Story > 佐原 徹の場合

私のトライアスロンストーリー

My Debut Story

佐原 徹 - 佐原 徹 の場合 -
トライアスロンをはじめたきっかけ

トライアスロンをはじめたきっかけ

「俺、トライアスロン始めたんだ」

 

大学からの友人が急にこんな事を言い出した。
友人は私と同様、白くてひょろくてメガネでどう見ても文化系の風貌。
それなのに、過酷なスポーツの代名詞とも言えるトライアスロンを始めたと言いやがる。

 

いやいやお兄さん。何言っちゃってるの。

 

話を聞くと、友人の言い分はこうだ。
・俺はスポーツをしてそうな見た目ではない。
・そんな俺がスポーツをしてるとなれば、それだけでギャップだ。
・ギャップは女性にモテる。
・よりモテる為にはより強いギャップが効果的。
・よりインパクトがあるスポーツを考えたらトライアスロン。
・ならトライアスロン始めるっしょ。

 

また、こいつはバカな事を・・・

 

昔からチャラさには定評のある奴だった。
友人としてたまにはそういう浮ついた動機を戒めるのも必要なのだろう。
そう思い、私は言った。


「なら、俺もトライアスロン始めるっしょ。」

私はノリの良さに定評があった。(・∀・)

トライアスリートになるまで(大会デビュー)

トライアスリートになるまで(大会デビュー)

さて、トライアスロン始めるにあたって何をすれば良いのか。

 

自慢じゃないが、3種目全部、高校生以来やってない。
と言うか、基本ゲーマーで某国民的MORPGに4000時間費やす程のインドア派だ。

 

先に始めた友人は既に仲間を作って楽しそうに練習している。

 

そうか。まずは仲間が必要だ!
RPGでもクリアする為には仲間集めが基本だよね!

 

そう思い、ホノチャレ2017の門を叩かせて貰った。

 

同じくらいのレベル、同じ目標の仲間と一緒にトレーニングして、飲んで、遊んで・・・
仲間がいる事で辛いはずのトレーニングも楽しくなり、
あいつに負けたくないと競える相手がいる事で継続的に練習が出来た。

 

仲間がいるってなんて素晴らしいのだろう。

 

ホノチャレメンバーとの交流があまりにも楽しくて、気が大きくなった私は、

 

案外簡単にトライアスロン完走いけるんじゃないか?

 

と、力試しでランや自転車の大会に月一回ペースで出てみた。

 

トライアスリートになるまで_1.JPG

 

2017/1 横田フロストバイト
             人生初のハーフマラソン
             →制限時間オーバー

 

2017/2 南伊豆グランフォンド
             人生初のバイクレース
             →DNF(途中リタイヤ)

 

2017/3 板橋シティマラソン
             人生初のフルマラソン
             →6時間20分

 

トライアスリートになるまで_2.JPG

 

私は現実を知った( ;∀;)

大会当日

大会当日

それからいくつかのトレーニングを重ねて、当日を迎えた。
そこには、以前の白くてひょろくてメガネでどう見ても文化系の風貌の私はいなかった。

 

若干日に焼けて少し筋肉質でやっぱりメガネで、文化系が夏休みデビューしたくらいの風貌の私がいた。

 

もう昔の自分じゃない!
さて、いっちょやってやりますか!

 

そそくさとメガネを水中メガネ(度入り)に替えて、泳ぎ始めた。

 

○スイム
砂が舞ってて思ったより透明度は高く無かったけど、まあ泳げないレベルではない。
無駄に体力を使いたくなかったので、四かきに一回はヘッドアップしてブイを見て、
真っ直ぐ泳ぐ事を意識した。
ブイにタッチしながら泳いだから、まあ真っ直ぐに泳げたと思う。

 

○バイク
数日前に付けたDHバーを使い、前半は追い風ということもあり特に問題なく走行。
ハワイの青空を駆け抜ける疾走感。たまりませんな。

 

ただ、途中からあいつがやってきた・・・

 

尿意だ!!

 

水を飲んだら猛烈にトイレに行きたくなった。
今にも爆発しそうな勢いだ!

 

え?この場合、どうすれば良いの??

 

初心者の私はこういう時の対処を全く知らなかった。

 

これはどこかに止まってその辺でして良いのか?
アメリカってそういうの大丈夫な国だっけ?
もしかして捕まったりしないよな?
「日本人旅行者、トライアスロン大会中に路駐で放尿し逮捕。」とかになったら・・・
は、恥ずかし過ぎる!

 

あれやこれや考えたけど、もう無理!
急遽バイクを止めて、大会警備の人にトイレの場所を聞くことに。

 

・・・

・・・

 


え、英語が出てこねえ!

 

トイレって英語でなんて言うの?

 

尿意でいろんなとこがいっぱいいっぱいの私に英会話なんてできるわけもなく。出てきた言葉が

 

【私】
「アイ ウォントゥー トイレ!ウェアー ウォシュレット?」

 

【警備員】
「what's?」


通じない!!!
(※アメリカ英語でトイレはrestroom。)

 

必死のジェスチャーの甲斐もなく、コミュニケーション取れず。

 

そんな言いたい事も言えない世の中じゃ・・・poison

 

しかし、神の思し召しか、すっと尿意が去っていった。

 

何故だろう?
わからないけど、イケるぞこれは!

 

よし遅れを取り戻す為に前傾姿勢で行くぞ!

 

はい、尿意キターー!

 

これは・・・
姿勢だ!!

 

前傾姿勢にすると膀胱を刺激して尿意を催すのだ!

 

そうと分かれば話は早い。

 

①前傾姿勢で走る
②尿意がくる
③上体を起こしてママチャリ走り
④尿意収まる

 

の①~④の繰り返し。

 

まあ、ガクンとペース落ちましたが尿意に勝てるすべはなし・・・

 

○ラン
何とかトランジションエリアにたどり着き、次はラン。
ランは私にとって最も苦手な種目。

 

スタートした瞬間にもう歩きたかった。

 

けど、歩いたらもう立ち直れない!歩いたらダメだ!
そう思い最後まで走り抜いた。

レース当日_1.JPG

 

途中、何人かのメンバーにすれ違った時にはお互いに声をかけあい、元気を貰った。
仲間って素晴らしい。
もちろん、すれ違った後は、容赦無く皆が私を抜いて行く。
仲間って素晴らしい。

 

女性メンバーにも抜かれた時は流石に心が折れそうになるが、踏み止まり
最後までその走りを止めることなくゴールできた。

 

○結果
2時間49分でゴール。
スタート前に3時間は切りたいと宣言していたので、そこは何とか達成!

 

色々とありましたがゴールしてみると仲間が迎えてくれ、
その後も後続の仲間を迎え入れ、メンバーの一体感が
ゴール後の充実感を更に高めてくれた。

 

レース当日_2.JPG

ホノトラ最高!(^◇^)

トライアスリートになってみて

トライアスリートになってみて

トライアスロンを本格的に初めて半年。色々と体に変化があった。

 

①体脂肪率が10%下がって一桁に。体重も10kg減った。
②頭痛、肩こりが無くなった
③生活リズムが朝型になった
④日に焼けた
⑤髪切った

 

もはやトライアスロン普及委員会のまわし者かよと自分でも思うが、
実際に体にいいことだらけなのだから仕方ない。

 

特に体脂肪率及び体重の減りは毎日測っていたのだが、如実に下がっていき、
これもトレーニングを続ける1つの楽しみになった。

 

トライアスリートになってみて.JPG

 

トライアスロンダイエット。
効果てきめん(^o^)

これからトライアスロンを始める人たちへのメッセージ

これからトライアスロンを始める人たちへのメッセージ

トライアスロン…

 

これだけ聞くと相当どMな種目なんだとお思いでしょう。

 

確かに何回もウルトラマラソン出てる人や、海を毎月何キロも泳いでいる様なストイックな人達もいます。

 

けど、僕の様な全く運動してなかった奴が不純な動機でノリで初めても、ホノルルデビューの翌月にアイアンマンミドルを完走し、来年にはアイアンマンロングに挑戦できる懐の深いスポーツです。

 

何よりこのページを見ている時点で、もうあなたはトライアスロンの世界に片足突っ込んでます

 

興味持ったのなら・・・

 

あなたもトライアスロン始めるっしょ!(^^)/

 

これから.jpg

 

Archive

あなたのトライアスロンストーリーを募集しています!